スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
【第五回】突撃インタビュー さちこver
こんばんは(ry
急激に寒くなった今日この頃、五回目の更新をしたいと思います。

他の方に対する記事はカテゴリの【参加者の声】からどうぞ

さて五回目にして満を辞して登場していただくのは、本サークル『有澤五一サンチ』の創設者にして数多の男たちをホイホイしてきたとされるちょっとえっちな伝説の男、さちこさんでございます。

「やらないか」
彼のそんな一声がなければ、このサークルも生まれることはなかったでしょう。
創設に至る経緯や、氏の作品内容に興味がございましたら続きを読むから先へとお進み下さい。



りふどら(以下:り)
逃がしませんわよ、さちこさん。
さちこ(以下:さ)
およ


>あなたのお名前をカッコよく教えてください。

さ:
いきなりすぎてワロッシュ

り:
もう、エロ大魔神さちこでいいですよね?
さ:
もうそれでいいよwwwww というわけで、エロ大魔神さちこでございます。どうぞよしなに

り:
お前、それでいいのか?
さ:
この切り返しに俺が泣いた


>サークルに参加された経緯を豪快に教えてください。

り:
って、あなた主催者じゃないですか!w
さ:
ということは、サークルを主催した経緯でいいんですよねw

り:
そうそうw できる限り卑猥に
さ:
2月、長野旅行。宿泊先でオ○ヌーしていたところ、ACの同人誌って作ってみたいよなぁーとmixiの日記を書いたからかな^^^^
もちろん、7割方嘘ですよwww

り:
……。
り:
おい、画面の前のお前ら、今の話聞こえたか?
(俺のログには何もないな)
さ:
できるだけ卑猥にやった結果がこれとかwwww

り:
仕方ないね
さ:
^^

り:
おふざけはこの辺にして、実際のところは?
さ:
まぁー数年前から、同人誌出したいという夢がありましたね。今年に入ってから、そういった気持ちが段々と強くなってきましたし。

り:
一念発起して、やってやっか。って感じですね。
さ:
ですです。「自分も何か作って、それを発表したい」という気持ちが爆発した結果でしたw
ある意味、博打だったサークルの主催についてきてくれたメンバーの人たちには本当にもう感謝とお詫びが足りませんね;;

り:
博打wwww

>作品のタイトル、および担当作品(初代、3など)を大々的に教えてください。

さ:
作品名は『オルゴールは永遠に』 担当作品は、自分が初めてACに触れたACSLですー。

り:
どういうお話ですか?
さ:
レイヴンになった主人公(じゅうはちさい)が一人の女性に出会って、自分の生き方を認識する、ほのぼのストーリーです^^

り:
うむ、今読んだら血しぶきや肉片が飛び交ってますねw 確かにほのぼのだw
さ:
でしょー? 殺伐とした連載作品の中で、ちょっとしたブレイクタイムになれば幸いです^^^^^


>その作品(初代、3など)を選んだ理由は? 思い入れ、というかあなたの愛を語ってください。


さ:
ちょっと真面目にいかないと駄目らしいですわねw 
SLに選んだ理由は、やっぱりACに触れた最初のゲームだったからですね。初めてやったときは、L3とR3ボタンの存在知らなかったから、OBやエクステンションが起動できなかったのも良い思い出。
当時の自分はロボット=ガンダムだったので、ACのような殺伐とした地上での紛争やら無骨すぎるロボットデザインに良い刺激をもらいましたw

り:
ほむほむ
最近またSLPが発売されましたよね?
さ:
されましたねー。まだ買ってませんけど!

り:
エ○ゲに夢中なんですね、わかりますw
さ:
エロゲに夢中です。『幼なじみは大統領』と『学校水着』最高です^^

り:
お前、それで(ry
さ:
まぁそんなこんなで、SLは大好きですね、ハイ(ぇ


>執筆された作品の内容について狂気を孕ませて煽ってみてください。

さ:
これまた想像力が問われる質問だwww

り:
では、タイトルにもあるオルゴールについてコメントをばw
さ:
オルゴールはいいですよね。高校のときに選択科目でオルゴールを作ったんですよ。そのときに、「あっ、オルゴールを題材にして書いてみるか」という結論に落ち着きました。
最初のプロットのときは、オルゴール以外のやつを考えていましたが、結局これに落ち着きましたね

り:
どっかの有名な曲がときたまオルゴールになってたりしますよね。「お」と思うときが私もありまする。
そのオルゴールは登場人物の持ち物とかですか?
さ:
そうです。今回の話の主人公の大切なものです。このオルゴールを軸に、話は進んでいきます。

り:
俗に言う攻略フラグですなw(違
さ:
オルゴールが無ければ、えっちシーンにはたどり着けないですぞ!

り:
えっちなのはいけないとおもいます

>執筆される際にこだわったところはありますか?

さ:
こだわりたかったお風呂シーン(ぇ 今回は一人称視点のお話なので、主人公の感情と目的を重視しましたね。
その二つの中で、特に主人公の感情に力を入れました。自分がレイヴンになった理由や矛盾などに葛藤するんで、そこを楽しめたら幸いです

り:
ここだけの話、初稿ではすごくエロかった主人公ですが
さ:
お風呂シーンだとか色々あったんですけど、検閲されちゃいました☆

り:
わたしにねw
さ:
そうそう。この恨みは……orz


>作品内のお気に入りのキャラクターは? お好きなだけどうぞ。

さ:
主人公、バーベナ、ネリスですね。女性しか居ないのはご愛嬌w

り:
趣味ですねw
ってか、全員じゃないですかwwwww
さ:
作中の登場人物3名しかいないっすからねw
これは作者自身の性癖の問題ですわw

り:
要はさちこさんの守備範囲は18~45くらいまでということですね
さ:
マジで上限はそこがギリですねw 下限はもうちょっと下で構わんよw
ガチに言うと16歳。さぁ通報するがいい!!!!!

り:
さて、次の質問です。
さ:
ヒドス


>担当になった絵師さんの印象は?

さ:
クラエスさんは自分がFANに来たときからの付き合いだったので、とっても車好きなハイテンションな方ですw

り:
車語りだすと止まらない人でしたねw
焼肉は美味しくいただかせていただきましたw
さ:
本番当日も、クラエスさんに頼りますしねw

り:
ほんと感謝感謝なのでありますw

>頂いた挿絵を見てどう思われましたか?


さ:
メカ絵矢部えええええええええええええ!!!!1

り:
ふむ、確かにw
普段から車とか描かれている人ですから、メカ描写は目を見張るものがありますよねw
さ:
人物画も、自分の好みなリアルタッチ寄りですのでホクホク。最初に主人公のラフを見せてもらったときは、イメージどおりだったのでびっくり。

り:
さちこさんが大好きなお色気シーンが見当たらないようですが
さ:
いやでも、挿絵の方で『パンツはいてない』的なモノがあるので ぐへへへへへ

り:
通報しますた

>作品やサークルでの活動で苦労したことは?


さ:
作品に関しては、数え切れないぐらいというか、内容だとか誤字脱字、要らない描写などなど。情けないorz
サークルの活動だと全部が全部初体験だったので、全部ですね全部。色々と苦い経験もあったので、メンバーの人には迷惑かけたと思います。ここで、死んでお詫びをry

り:
いや、今死んだら、誰が会場で裸になるんですか
さ:
え?w


>ここだけでしかいえない裏話「とりあえず言わせてくれ!!」というのを一つ。


さ:
夏コミでまた何かを出します!(ぇぇ

り:
えええええええええええええ
無理! 無理だお!
さ:
安心してください、合同誌じゃないですからw

り:
一人? 一人なの!?
さ:
まぁいつものごとく勢いでなんか出す予定です。自分もこんな調子じゃあれですけどw


>あなたの嫁は?(りふどらからの追加質問)

さ:
サークルメンバー全員。一生養ってやんよ!!

り:
うほ、いい男!
さ:
ヤれる男とはこういうことです(キリッ

り:
やはり、さちこさんにはそっちの才能があるようですねw
さ:
男も女もみんなウェルカム!


>AC小説を書き始めたきっかけは?(カスタリアさんからの追加質問)


さ:
これはACFANでも書いたんですが、PC貰ったときにバイオハザード2の二次創作小説があったですよ。それが面白くて面白くて、それで感化されてACの小説書こう!とw

り:
AC小説がきっかけ、ではなかったんですねw
さ:
あれなんですけど、AC小説がきっかけじゃないですねw その二次創作のおかげです(カエレ


>身内びいきなし、現存するしないは抜きで「これはすごい!」と思ったAC二次創作小説は?(くちなわさんからの追加質問)

り:
そんなさちこさんには悪いですが、くちなわさんから空気読みすぎなキラーパスです
さ:
ここ最近だと、ナシオカさんの『断頭台のフラメンコ』がすごかったですね。冒頭文から、「あ、この人すげー」って思いました。

り:
ああ、わかりますわかりますw
さ:
有澤51サンチを主催したときに、ナシオカさんが欲しいなーと思うほどでしたw 諸事情でその夢は崩れ去りましたが…w


>あなたの理想のAC像、またはあなたの「こんなAC世界を描きたい」をどうぞ(同志Bさんからの追加質問)

さ:
これも中々のキラーパスですわw
理想のAC像としては、『戦闘メカ』というポジションを自分が死ぬまで守り続けてほしいですねw(ぇ

り:
翼とか生えないようにってことですかね?w
さ:
破壊天使でギリですねwww

り:
絶対無敵。というよりも、戦車相手にしてフルボッコにされるとか、そういう感じ?
さ:
半々ですねー。フルボッコにしつつ、されつつ。クロムハウンズよりちょっとライトにした感じが、自分のAC像かな。

り:
ふむふむ~
では描きたいAC世界のほうもどうぞw
さ:
そうですねー。3とSLの間を埋めるお話だとか、大深度戦争の小説とか書きたいですね。その二つについては、色々とネタを温めているのでw
あとは……SLでありました『第二のレイヤード』についても書きたいかなー。『渚にて』のような、緩やかな崩壊の中で市民やレイヴンたちの最期を書ければ……w


>あなたがAC世界の住人になるとしたら、職業は? また、どんなことしたい?(ミコスキーさんからの追加質問)

さ:
戦場カメラマンとかロマンチックですよね。どんなことをしたいとなると、軍事秘密な企業の新兵器を激写して、可愛い女性と逃避行したい(ぇ

り:
そういう映画どっかで見たような…

>最後に何か一言!

さ:
色々とサークルメンバーに迷惑をかけたけど、こうして一冊の本が出来たことは本当に感謝感激です!

り:
そんなことが聞きたいんじゃない!(ぇぇ
もっとエロく、もっと卑猥に…!!
さ:
とりあえず、お前らの童貞は俺が貰い受けた^^^^^^^^

り:
お前、それでいいのか?
さ:
この切り返しに(ry

り:
以上です、ありがとうございました。


というわけで今回は悪ノリ通常の二割り増しくらいでお届けしてしまいました。申し訳ありませんorz
さちこさんも、当日はもちろんコミケの方に参加されますので、会場では是非ともよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
参加者の声 | 【2009-12-17(Thu) 23:59:05】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。