スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
【第四回】突撃インタビュー2010 ことぶきver
こんばんは、りふどらです。
世間はメリークリスマス。わたしは今から忘年会。そんな日ですが更新です。

今回の担当はことぶきさん。
有澤51サンチに今回から参加してくださった絵師様です。

インタビュー内容もいつもより増し増しでお届けいたします。
それでは『続きを読む』からどうぞ


りふどら(以下:り)
はい! それでは!
テンション高めでさっそく参らせていただきますw
ことぶき(以下:こ)
はい~


○お名前をスタイリッシュにどうぞ

こ:
天呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶッ!
原稿あげろと轟きs・・・・・・・・・・・・・・すいません嘘ですごめんなさい。
ことぶき 師走ですー。

り:
喰らえ、愛と何たらと悲しみのぉぉぉぉ
はい、これまでの方々の中で、最高のハイテンションありがとうございましたw
こ:
ど、どうも・・・・w

り:
ちなみにお名前の由来なんてのをうかがってよろしいですか?w
こ:
由来は割りと単純ですよ~。名前のもじり+誕生月の和名が好きだったので・・・・という感じです。
ことぶき、だけのお名前は色んな所でお見かけしますからね~。

り:
なるほどw

○サークルに参加されたきっかけは?

こ:
きっかけは、BBさんからのお誘いをお受けたからです。
それ以前から、個人的に有澤の皆さんの活動はこっそりと拝見しておりましたので、ACの同人サークルである有澤51サンチに興味を持っていました。
まさか自分にそんなお話しがくるとは、夢にも思っていませんでしたので・・・・びっくりしましたねー。
そういった経緯で、初のサークル参加と相成りました。

り:
これも何かの縁というやつですねーw
いろんな絵師さんとここまで交流できているのは、こちらとしても非常に幸運だとは思いましたw
どんどん大所帯になってきますw
こ:
賑やかになりますね!

り:
ですねw

○作品内における担当は何でしたか? 小説の場合はタイトルもどうぞ。

こ:
担当は挿絵を描かせていただきました。担当作品は、唯朱さんの「FF・プライスレス・ストーリー」です。


○その作品(初代、3など)を選ばれた理由は?


り:
FFというのに興味をもたれたんですよね?
こ:
唯朱さんの作品が今回FFであった事と、私自身FFの世界観が以前から好きだった、というのが大きいですね~。
一アーキテクトとしては、腕がてんで駄目でしたが・・・(笑)

り:
唯朱さんが同じインタビュー内で『FFが地雷とか言ってる奴は一度ACのファンをやり直した方が良いと思います』と仰っていますがw
こ:
まったくだと思いますw

り:
唯朱さんは唯朱さんでアーキテクト道一直線のようですがw

○担当作品へのこだわりは?

こ:
こだわりは・・・・・・・u-AC格好良いよ可愛いよハァh(ピーピーピーボボボ

・・・えー・・・やはり人とu-ACの関わりあい、でしょうか。唯一FFの世界観でのみ存在するACの区分?ですからねー。

り:
ということは作品の最後のシーンとかはもうばっちりだったんじゃないですか?
こ:
 お ま け 最 高 で し た ・・・・・!!(悶
作品自体は勿論ですが、あの部分を書いてくださった唯朱さんには、ただただ感謝です・・・。

り:
購入された方は、おまけ必読!(宣伝

○パートナーとの打ち合わせはどんな感じでしたか?

こ:
唯朱さんとの打ち合わせは、いつも和やか穏やかムードで行わせて頂けたと思います。
その都度、挿絵の雰囲気やキャラクターについての打ち合わせを行い、それを参考にして仕上げる・・・という感じでしょうか。

り:
順調だったということですねw
こ:
私の原稿進行具合以外は全て・・・・・;(笑)

り:
『朝五時の死闘』ですな…(笑)

○互いの作品(挿絵)を見た(読んだ)感想は?

こ:
主人公の有澤子(仮名)さんが、凄くエネルギッシュな子だなあと・・・あのキャラでお嬢様というのがなんとも素敵でした(笑)

り:
『やはりラストの挿絵をことぶきさんに描いてもらって正解だったなあ』という唯朱さんからのコメントを頂いておりますw
こ:
そうなんですか!唯朱さんにそう言って頂けたなら幸いです・・・!


○作品やサークルでの活動で苦労したことは?

こ:
苦労したことは・・・主人子ちゃんのデザイン、でしょうか。
唯朱さんからも、「お嬢様だけれど、それらしくない感じで―」とお話を受けていたので・・・。
女の子らしいけれど、所謂お嬢様のように淑やからしくない感じを表現するのが、少し大変でした。

り:
私個人としては、店長(仮名)が大変そうだなって思ってたんですがw
こ:
そうですね。あれをボロボロにされたり・・・(笑)

り:
ですよねw

○ここだけでしかいえない裏話「とりあえず言わせてくれ!!」というのを一つ

こ:
 お ま け パ ー ト の 挿 絵 を 描 か せ て く だ さ い 是 非・・・・!(笑)
・・・・・・と本が完成した後に唯朱さんにお願いしたりしましたw

り:
それであの挿絵が生まれたというわけですなww
こ:
いえ、実はあれは以前から「ああいう感じで~」と固まっていたのですが、挿絵の完成直後に唯朱さんのおまけパートを読ませて頂きまして・・・
「u-ACのツーショットも描きたいです!」・・・と(笑)

り:
挿絵見させていただきましたが、あれは威力ありすぎですなw
こ:
威力・・・そんなにありましたか・・・・;w

り:
ありました…w

○メカ少女(AC擬人化など)は好きですか?

こ:
メカ少女は・・・普通に好きですよ~。
あ、どちらかといえば、インナー部分とかお肌の部分は少なめで、メカパーツ部分が多くてガッチリ装着してる子の方が凄く好みですw(ニコッ

り:
ある意味、ガチムチ!

こ:
脱ぐと凄い!(違


○描くのに「これだけはマジ勘弁してくれ」っていうものはなんですか?

り:
では対照的にこんな質問をw
こ:
えーと・・・・・・・よう・・・じょ・・・・?;
小さくて可愛いらしい女の子を描くのが・・・実は凄く苦手なんです・・・(笑)

り:
ほうほう
ようじょを書く人は…有澤にはあまりいらっしゃらない…?w
こ:
多分、自分の好みと描き慣れが影響してるのですが・・・・・・・おじ様とかはドンと来いですよ!

り:
むしろ、おじ様苦手って人多いですよw
19さんとかかれはさんも確かそんなこと仰っていた気がww
こ:
勝手に描いていると老け込んでしまいます(笑) 唯朱さんに店長のラフをお店した時も、「渋すぎる・・・もっと若くていいですよw」と言われてしまいました・・。

り:
りふどら、おじさん好きですw(ぇ
こ:
今度語り合いましょうか(ぇ


○描いていて『あ、いま楽しい!』と思う一瞬を教えて下さい。

こ:
ラフから線画を描いていったり、色が無かった挿絵にかなり着色して出来上がった時などに、ふと絵の全体を眺めた時でしょうか。
絵が段々出来上がってきたな・・・!と感じると、描くのが楽しくなってきます。

り:
19さんも同じようなこと仰ってましたね!w ニヤニヤしているとw
こ:
そうなんですか~。皆さん絵を描かれる方には結構そうなる方が多いのかも知れませんね。

り:
意外な共通点w

○最後に何か一言!

こ:
今回が自身にとっても初のサークル参加となりましたので、至らぬ部分が多かったかと思われますが・・・
参加者の皆様と製作した「有澤セブン」、どうぞお手にとってご覧ください。

作者様の素敵なお話と、他の絵師様の絵が盛り沢山ですよ!
以上です、ありがとうございましたー。

り:
ありがとうございましたw


以上になります。次回はりふどらが担当になります。
……わたしですね;;
スポンサーサイト
参加者の声 | 【2010-12-25(Sat) 13:01:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。